休肝日は必要?アルコール摂取量がポイント

お酒の飲み過ぎで健康を害している人や不快な症状に悩まされている人は多くなっています。飲み会で羽目を外して二日酔い、ということを繰り返していると、やがては肝臓の機能が恒常的に低下して生活に支障を来すようになってしまいます。このような健康問題は、結局のところ肝臓の使いすぎに起因するわけですから、肝臓の負担を軽減するしかありません。特にお酒を飲む人は、休肝日を設けることが重要になってきます。

 

アルコールを分解する臓器はご存じの通り肝臓ですが、アルコールの分解は大量の栄養素を消費し肝細胞に負担をかけ、さらには分解時に大量の活性酸素を発生させながら行われます。おまけにアルコール分解後に発生するアセトアルデヒドもまた有害であり、これを分解するのも肝臓なのですから、肝臓にとっては極めて重労働なのです。

 

このような重労働で疲弊した肝臓は、それに相当する休息をもって痛んだ組織を回復させなければなりません。飲んだ量にもよりますが、お酒を飲んだ夜から翌朝にかけては肝臓がフル回転しており、さらに起床後は食事による栄養の代謝を肝臓が行わなければならないため、肝臓は休む暇がありません。ですから、休ませるにはお酒を飲まずに就寝する日、つまり休肝日が必要となるわけです。

 

休肝日が必要かどうかは飲むお酒の量にもよります。ビール1杯程度で終わっているならば肝臓の痛みもあまりないでしょうが、酔っ払うほど飲んでいる場合はやはり休肝日が必要と言えます。

 

お酒の飲み過ぎが続くと…どんな症状、病気になりやすい?

 

休肝日を入れずにお酒の飲み過ぎが続くと、肝臓の機能が回復しないままどんどん低下していき日々の生活にまで支障を来すようになります。肝臓の痛みが軽度ならば、肝臓の細胞も新陳代謝がありますから、新しい細胞に入れ替えることで元の状態まで機能を回復させることができます。しかしその暇も与えられないほど肝臓にダメージが加わり続けると、新陳代謝によって自然回復できないような損傷が生じてしまいます。そうなると、あらゆる肝臓の病気の原因となります。

 

まず肝機能低下によって、食欲不振や活力減退・不定愁訴などが起こります。肝臓は3大栄養素である糖質・タンパク質・脂質を代謝する臓器でもありますから、肝機能が低下すると栄養補給に対する意欲である食欲がなくなってきますし、食べても必要なタイミングで十分なエネルギーを取り出せなくなり活力がなくなってきます。また体内で解毒がうまく行われなくなるため、体内に滞留するアンモニアなどの毒素によって「なんとなく体がだるい」という状態になります。

 

それでもお酒を止めずにいると、肝臓がん・脂肪肝・慢性肝炎などを引き起こすまでに至り、最終的に肝不全となり肝機能が完全に失われてしまいます。肝不全には他の病気によって急激に肝機能が失われる急性肝不全と、肝機能低下が続いた末に肝臓が機能を果たさなくなる慢性肝不全の2種類がありますが、慢性肝不全の原因の大部分はお酒の長期的な過剰摂取です。

 

休肝日した場合の効果は?

 

休肝日を設けることは肝臓にとって非常に重要です。という話はお酒飲みの人もきっと耳にたこができるほど聞いていると思いますが、単にお酒を我慢するだけで何ら見返りがないから従う気になれないと言う人は多いようです。では実際に休肝日を設けるとどのような効果があるのでしょうか?

 

休みなくお酒を飲んでいる人が休肝日を設けると、ほぼ全てのケースで「なんとなく気分がいい」「しゃきっとする」というような感覚が得られると思います。肝機能が正常に働いていれば栄養の代謝が十分に行われますし、体内で発生する毒素も速やかに分解されるため、体のあらゆる機能が活発に働くことに繋がり、具体的にどうとは言いづらいけどなんとなく体全体が快適だ、というような感覚が得られるのです。

 

また、同じような理由で食事もおいしく感じられることでしょう。肝臓の機能が落ちていると特に負担のかかるタンパク質の代謝が滞るため、体としてもそれをあまり欲さなくなります。肝臓がしっかり動いていれば、肉などの高タンパク食がよりおいしく食べられるでしょう。

 

そして、やはり将来の肝臓病リスクが大幅に減少することは間違いありません。お酒飲みの人は将来の話を聞きたがらないものですが、多くの肝臓病は肝臓の酷使の末に起こりますので、定期的に肝臓を休ませてあげることは、確実に肝臓関連の疾患予防に役立ちます。老後に極端な食事やアルコールの制限を受けることも避けられます。

 

休肝日の取り方とは?

 

お酒は百薬の長とは言いますが、健康を心配されるような酒飲みにとって、実際のところお酒はもはや体に毒であることがほとんどですから、休肝日の取り方と言わず休めば休むほどいいというのが本当のところです。しかしながら日々の楽しみとしてお酒は飲みたいという人がほとんどでしょうから、効率のいい休肝日の取り方を考えてみましょう。

 

そもそも休肝日を入れる目的とは、疲れた肝臓を回復させるための時間を用意するためです。肝臓の負担が募り一定以上にダメージが蓄積すると、もはや自然に回復できない肝機能低下が起こってしまうので、それを防ぐために休肝日を入れるわけです。その目的を考えると、例えば同じ週2日休むにしても、5日連続で飲んで2日休むよりは3日飲んで1日休み2日飲んで1日休み、と肝臓の負担を分散するように休肝日を設定することが勧められます。肝臓の回復のために要する時間を考えると、1日では十分とは言えませんが、どうしても週に半分以上は飲みたいという人は、お酒を飲む日が連続しすぎないように休肝日を配置すべきです。

 

もちろん、飲む量との兼ね合いもあります。特別な晴れの日に、次の日に具合が悪くなるほど大酒を飲んでしまった、という場合はやはり翌日は休肝日にすべきです。特に飲み過ぎたと思ったら、翌日からできれば2日以上連続した休肝日を設定すべきで、それだけダメージを受けた肝臓の組織の回復には時間がかかるのです。

 

休肝日以外の肝臓に良いこと

 

休肝日を設けることがお酒飲みの肝臓にとっては最も重要ではありますが、それ以外にも肝臓の健康のためにできることはたくさんあります。休肝日さえ設ければそれで肝臓の健康は安泰ということは絶対にありませんので、お酒飲みの人は特に肝臓に良いことを積み重ねていきましょう。

 

まず、肝臓は脂肪を蓄積しやすい臓器です。脂肪肝という病気はきっとご存じだと思いますが、カロリー過剰の食生活を続けていると各内臓に脂肪が蓄積し、肝臓では非アルコール性脂肪肝となってしまいます。脂肪肝の状態では脂肪に巻き込まれた肝臓組織がもはや正常に働かず、肝臓全体が大幅に機能低下してしまっています。さらにこの状態では肝臓がんに移行する確率が高く、予後もよくありません。したがって、摂取したカロリーを消費するために有酸素運動の習慣をつけたいところです。ウォーキング程度でも十分に効果がありますので、とにかく全身を動かすことが重要です。もちろん、摂取カロリーを正常範囲内に保つことも必要です。

 

また、肝臓の健康を保つために必要な栄養素もしっかり摂取しましょう。特に重要なのはビタミンCで、ビタミンCは肝臓組織の炎症を鎮め修復に役立つのみならず、肝臓でアルコールを代謝する際に大量に発生する活性酸素を無害化する働きもあるため、特に肝臓には必要な栄養素の一つです。しかしビタミンCは体内保持期間が極めて短く、特に喫煙者やストレス過多など消費の激しい人は、摂取して1時間足らずで消費しきってしまうので、こまめに十分な量を摂取する必要があります。

 

肝臓サプリが肝機能回復に効果的

 

肝機能回復のためにおすすめしたいのが肝臓サプリの活用です。これらは肝臓に集中的に働く有効成分を配合しているため、痛んだ肝臓のケアにはうってつけです。お酒を飲まず食事量・内容も健康的な人には特に必要ないかも知れませんが、肝臓を常に酷使している人にとって、その都度サプリの成分で肝臓を回復させることは、歳を取ってからの健康のためには極めて重要と言えます。

 

肝臓サプリには様々な種類があります。よく見るサプリとしては、例えばしじみ由来のオルニチン配合サプリが有名です。オルニチンはアルコールを分解する・肝細胞の合成を促進し修復を早める・肝機能を高めるためのホルモン分泌を促すなどなど、肝臓のための作用を数多く持ち合わせているため、肝臓ケアのための定番成分となっています。またその性格上、お酒を飲む前のサプリとしても、飲んだ後のケア用サプリとしても有用ですので、活用の幅が広いのが使いやすい点です。

 

他にはウコン配合サプリや、タウリン配合のサプリ・栄養ドリンクなどがよく知られており、コンビニで購入できるものも数多くあります。飲み過ぎた夜にコンビニで肝臓ケアのための栄養ドリンクを買って、飲んでから就寝するようにすれば、何も対策をしないよりはずっと肝臓の健康状態をよりよく保てるでしょう。

 

もちろんサプリを飲めばお酒の影響をチャラにできるというわけではありませんので、飲む頻度については考えなければなりませんが、その上で肝臓サプリを組み合わせればいつまでもおいしい食事とお酒を楽しめるはずです。